食べ過ぎを反省する毎日|朝の早起きや食欲を抑える方法も紹介

MENU

食べ過ぎを反省する時、嘘の食欲に気づく時

医師が書いたブログに、「ウソの食欲に騙されている人が多い」という表現がありました。お腹は空いていないのに、お腹が空いたと脳が勘違いしているだけの「ウソの食欲」に騙されて、ついつい食べ過ぎてしまう人が多い、ということのようです。

 

「食べ過ぎてたかな?」と思って体重を量って初めて自覚するのですが、体重が増えてしまってから自覚しても遅いですよね。食べ過ぎを防ぐためには、まとめて反省するのではなく、こまめに反省するという方法が賢い方法です。

 

そのためには食べたらその都度、何をどれだけ食べたかメモを取りましょう。饅頭1つ、ポテトチップス3分の1袋、ご飯1杯、トンカツ1枚などとメモを取ると、「これ以上食べると食べ過ぎになるから、もう寝る前だしこれ以降は何も食べないでおこう」などとストップが効きやすくなり、食欲をセーブしやすいでしょう。

 

ウソの食欲に騙されている時は、短時間にドカ食いしてしまいがちです。食べるたびにメモをしていると、ドカ食いする前に食べ過ぎていることに気づくことができるでしょう。

 

大きな反省1つよりも、プチ反省2〜3個の方が食欲をコントロールしやすいので、メモ程度でOKなので食事記録をつけることをお勧めします。

 

 

食べ過ぎ、飲み過ぎの対策はなにがある?

会社などの飲み会や、友人同士などで飲み会などもあるでしょう。つい食べ過ぎてしまったり、楽しくてついお酒を飲み過ぎてしまうこともあります。基本的に、飲み会などでは自分である程度セーブすることも大切です。

 

油っこい食べ物などを控えたり、お酒などもほかの人にあわせて飲まずに、少し口をつけてその後はグラスを空けないようにして、ある程度飲む量を調整することも大切です。

 

また、それでも食べ過ぎ、飲み過ぎをしてしまった場合には、運動をすることである程度カロリーなどを消費することも大切です。適度に汗をかき、体を動かすことで食べ過ぎや飲み過ぎの対策をしましょう。ウォーキングやランニングなど有酸素運動をするといいでしょう。

 

運動をすることで、脂肪を燃焼させる効果なども期待できるため、肥満などの予防にもつながります。また、自宅でも食べ過ぎなどをしないように、食事の量をある程度調整することも大切です。

 

おなかが空いたからといって、好きなだけ食べていると太りやすく、肥満状態になると生活習慣病などにもかかりやすくなる傾向があるため、日ごろからある程度食事などの量を調整すること、また、栄養バランスのとれた食生活を心がけていくことが大切です。

 

 

食欲があって食べ過ぎてしまう理由はなに?

食欲が異常にあって食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。ストレスなどが原因で食べ過ぎてしまうこともありますが、異常な食欲が続く場合は注意が必要です。

 

たくさん食べても満腹感を得られないことや、全然食べていないのにお腹が空かない場合は、食欲に異常が出ていると考えられます。たくさん食べたくなってしまう場合も、全然食べたくない場合も、かなり辛い症状と言えますし、正しい対処方法を知っておくと良いでしょう。

 

食欲異常と聞くと、胃などの病気が心配になってしまうかもしれません。しかし、食欲というのは脳がコントロールしているものですし、精神的な問題が最も大きいとされています。

 

精神不安定状態になると、脳のコントロールが上手くできなくなってしまうため、まずはストレスを溜めないようにしましょう。

 

食べ過ぎてしまうことも、全く食べないことも、違う部分に影響が出てきてしまいますし、自身で治せないと感じた場合は、できるだけ早く医師に相談するのがおすすめです。ストレスが影響で食べ過ぎてしまう人が最も多いとされています。

 

また、生理前もホルモンの影響によってたくさん食べたくなってしまうことがあります。食べ過ぎに効果的なサプリメントもあるのでチェックしてみましょう。

 

 

太り過ぎの原因が食べ過ぎですが

現在、日本で基準体重として指針にされているのが、BMIと体脂肪率の数値です。

 

BMIは、体重と身長の比率(体重kg÷身長m÷身長m)で割り出し、標準が22で、太り過ぎが25以上です。脂肪率は、男性が15%、女性が20%が基準の目標値です。

 

健康の烙印を押されるためには、この数値から考えます。太っていると太り過ぎの定義は違いますが、誰しも太ることに関しては、心当たりがあることです。一番の原因は、食べ過ぎです。

 

おなかいっぱい食べたとしても、体を使った労働をしていたり、一日動いていると、食べ過ぎとは言わない場合が多いです。日頃の運動量が多い方の場合は、食べ過ぎの基準も変わってきます。

 

食べなければ生きていけない人間の体は、ある程度の量で満足するようにできていますが、それ以上については、脂肪として蓄える性質があります。一度そのシステムができると、どんどんと食欲が増してきて、その結果、太り過ぎになってしまうのです。

 

健康診断などでも体重管理にうるさいのは、脂肪や体重増加が健康に大きく影響するからです。特に脂肪に関しては、心疾患や血管、血液に悪影響を及ぼすことから、指摘を受けた時には食べ過ぎに要注意です。

 

 

朝早めにおきて防ぐ

通勤・通学のあわただしい時間帯に、朝食をとりながら準備し支度すると、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

特にホルモンバランスが乱れている時は、過食気味になってしまうものです。朝起きるのがつらくてなかなか起きられないのは、充分な睡眠がとれていないのも要因のひとつです。

 

短い時間の中でいろんな事をこなさないといけないので、充分な満腹感が得られず、ついつい食べ過ぎになってしまう悪循環に陥ります。過食を防ぐには、まず心を落ち着かせることが重要です。

 

このような時は瞑想で落ち着かせましょう。就寝前にヒーリング音楽を聴きながら瞑想をすると、穏やかな眠りにつくことができます。睡眠の質も違ってきます。

 

起床前にも同様に瞑想を取り入れると、起き上がりから違ってきます。朝早く起きるために瞑想で深い眠りにつき、体を充分に休めます。

 

そして起床時にはすぐに寝床から起き上がらずに、20分ほど瞑想をしてから起き上がると、心身ともにすっきりとした目覚めを迎えることができ、その後にハーブティーなどを飲んで、ゆっくり朝食をとると食べ過ぎなくなります。

 

ポイントは、睡眠の質を高めて朝早く目を覚ます事で、ゆったりした時間を確保することで過食を防ぐところにあります。

 

 

食べ過ぎに関連するサイト

食べ過ぎてしまうということは、消費カロリーよりも摂取カロリーが多い状態にもなりやすいです。そうなってしまうと、じわじわと皮下脂肪などもたまってくることがあります。

 

気をつけたい部分ではありますが、それでも体のラインが変わってきてしまうということはあり得ると思います。脂肪を落とすなら、たくさん運動するというのがオーソドックスなやり方ではありますが、漢方を取り入れる方法もあります。

 

あなたは生漢煎を知っていますか?生漢煎についてはこちらのサイトがしっかりと解説しているので、興味があれば覗いてみてください。

 

それと、食べ過ぎに関して詳しく調べる事は、食べ過ぎを反省するためのモチベーションアップにもつながります。

 

食べ過ぎに対して詳しくなるためには、以下のサイトがおすすめです。

 

食べ過ぎの解説サイト:食べ過ぎに関して

 

是非、訪問してみて下さいね。